アフター60のインサイト

アフタ60の市場開拓は日本のアジェンダ。ところが、彼らの生態を知る動きは鈍い。何故なら、分析者が市場を退出してしまうから。同年代の筆者が、マーケッター歴30年の知見を活かし、アフター60のインサイトに迫る

アフター60からは、「未知の世界への突入」

アフター60からは未知の世界への突入

そして、「衰えていく心身を、夫婦二人で一人になって乗り越るぜ。」

 

という60代後半、いわゆる団塊の世代の先輩の言葉には重みがあった。

 

僕自身、アフター60の生き方は千差万別であることを自覚したと共に、

各人に今迄の人生経験を踏まえた矜持があるのだと思った。

 

だから重みがある。

 

振り返ってみれば、20代から50代までは、会社というレールの上に乗っていたので、

そういう意味での安心感があった。

 

逆に言えば、未知感はなかった

 

でも、今はある

 

            f:id:sudotom:20170523132306p:plain